世紀末の鼓動~1894 Visions

オムニバス(その他)

KICC-1552
2020.10.21 RELEASE クラシック / KICC-1552 ¥2,500(tax out)

KING e-SHOP

ロートレックが描いた歌手、アリスティド・ブリュアンによる自作自演音源<白いバラ>を収録

印象主義音楽の最初の作品といわれる《牧神の午後への前奏曲》をドビュッシーが書き上げた年でもある1894年に注目。 伝統にとらわれない響きを有した”新しい音楽”が鼓動しはじめた時代の音楽をお楽しみください。

(収録楽曲)
1894Visions~世紀末の鼓動と印象主義音楽~
1. ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲 (1894)
2. ドビュッシー:パンの笛~ビリティスの三つの歌 (1898)
3. マスネ:タイスの瞑想曲 (1894)
4. ラヴェル:水の戯れ (1901)
5. ラヴェル:愛に死せる王女のためのバラード (1893)
6. フォーレ:子守唄 (1879?)
7. サティ:ジムノペディ 第1番〈ドビュッシー編曲管弦楽版〉 (1888)
8. サティ:ジュ・トゥ・ヴー (1900)
9. シャミナード:星のセレナーデ (1911)
10. ブーランジェ:ノクターン (1911)
11. プーランク:愛の小径 (1940)
パリの愛とシャンソン
12. さくらんぼの実る頃 Le Temps des cerises (1866)
13. ふたりの恋人 J’ai deux amours (1930)
14. 聞かせてよ愛の言葉を Parlez-moi d’amour (1930)
アリスティド・ブリュアンの自作自演
15. 白いバラ Rose blanche (1909) 
M-15  Licensed by EPM Musique
※(  )内は作曲年

飯森親範(指揮) 東京交響楽団[1]ゲスティ・シルヴィア(ソプラノ) ハンス・ドゥンケル(ピアノ)[2]鈴木 舞(ヴァイオリン) 實川 風(ピアノ)[3, 6, 10]ジークフリート・シュテッキヒト(ピアノ)[4]ドミニク・ヴィス(カウンターテナー) 藤井一興(ピアノ)[5]大井剛史(指揮) 東京交響楽団[7]熊本マリ (ピアノ)[8]小出信也(フルート) 青木紀子(ピアノ)[9]中木健二(チェロ) 松本 望(ピアノ)[11]パトリック・ヌジェ[12]リザ・ミカエル[13]マガリ・ボンフィス[14]アリスティド・ブリュアン[15]

※M-15歴史的音源を使用しているためお聴き苦しい点がございます。