我こそは、ベートーヴェン

駒田航

KICC-1520
2020.05.27 RELEASE クラシック / KICC-1520 ¥2,000(tax out)

KING e-SHOP

ベートーヴェンのラブレターを人気声優・駒田航が朗読!?
手紙に書き残されたことばと生み出した音楽で、人間として、音楽家としての2面を深堀りするベートーヴェンCD2作品を同時発売!

―聴力を失うことへの苦悩を吐露した遺書の朗読と遺した名曲らで知る、楽聖・ベートーヴェン―
若き日のベートーヴェンが書いた遺書。そこには、聴力を失うことへの恐れを抱えながらも、生きることに向き合い、自らの音楽を追求していくことへの覚悟が綴られています。
本作は2通の「ハイリゲンシュタットの遺書」の朗読と現在でも愛される名曲らを通じて、楽聖・ベートーヴェンを改めて知る1枚です。
人間としてのベートーヴェン、音楽家としてのベートーヴェン…2方向から楽聖を深堀するCD!

▼聴力を失うことへの苦悩を綴った若き日の遺書とそれを乗り越えて作った名曲らを集めた1作「我こそは、ベートーヴェン」
新進気鋭の作曲家として注目され始めた頃、突如襲った難聴という病。音楽家として一番大切なその感覚を失うことへの不安や恐れを吐露しつつも、自分の音楽を追求する覚悟を誓った「ハイリゲンシュタットの遺書」の朗読と、その苦悩を越えて生まれた珠玉の名曲たちが集められました。誰もが知る「運命」、ピアノ・ソナタ「悲愴」「テンペスト」そして、年末の風物詩・第九…と、音楽に革命を起こしたベートーヴェンの軌跡をたどる1作。

【CD1】
1.交響曲 第5番 《運命》 第1楽章
 ヘルベルト・ブロムシュテット指揮 シュターツカペレ・ドレスデン
2.<朗読>遺書~ハイリゲンシュタット1802年10月6日
3.ピアノ・ソナタ 第8番 《悲愴》 第2楽章
 ペーター・レーゼル(ピアノ)
4.ヴァイオリン・ソナタ 第5番 《春》 第1楽章
 ダニエル・フロシャウアー(ヴァイオリン) 鳥羽泰子(ピアノ)
5.交響曲 第3番 《英雄》 第1楽章
 ヘルベルト・ブロムシュテット指揮 シュターツカペレ・ドレスデン
6.ピアノ三重奏曲 第7番 《大公》 第2楽章
 ダニエル・フロシャウアー(ヴァイオリン) 鳥羽泰子(ピアノ) ラファエル・フリーダー(チェロ)
7.メヌエット ト長調
 江口有香(ヴァイオリン) 渡邊一正(ピアノ)
8.ピアノ・ソナタ 第17番 《テンペスト》 第3楽章
 ペーター・レーゼル(ピアノ)
9.<朗読>遺書~わが死後読まれ、かつ実行のこと。
10.劇音楽 《エグモント》 序曲
 ハインツ・レーグナー指揮 ベルリン放送交響楽団
11.交響曲 第6番 《田園》 第1楽章
 ヘルベルト・ブロムシュテット指揮 シュターツカペレ・ドレスデン

【CD2】
1.ピアノ協奏曲 第5番 《皇帝》 第3楽章
 ペーター・レーゼル(ピアノ)
 ヘルムート・ブラニー指揮 ドレスデン国立歌劇場室内管弦楽団
2.弦楽四重奏曲 第10番 《ハープ》 第3楽章
 ベルリン弦楽四重奏団
3.交響曲 第7番 第1楽章
 ヘルベルト・ブロムシュテット指揮 シュターツカペレ・ドレスデン
4.ヴァイオリン協奏曲 第2楽章
 カール・ズスケ(ヴァイオリン) クルト・マズア指揮 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
5.ピアノ・ソナタ 第23番 《熱情》 第3楽章
 ペーター・レーゼル(ピアノ)
6.<朗読>歓喜の歌(詩・ベートーヴェン/シラー)
7.交響曲 第9番 《合唱》 第4楽章
 ヘレーナ・デーゼ(ソプラノ) マルガ・シムル(アルト)
 ペーター・シュライヤー(テノール) テーオ・アダム(バス・バリトン)
 ライプツィヒ放送合唱団, ドレスデン国立歌劇場合唱団
 ヘルベルト・ブロムシュテット指揮 シュターツカペレ・ドレスデン

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(CV:駒田 航)〈CD1:Tr-2,9/CD2:Tr-6〉