すぎやまこういち

KICC-6365

すぎやまこういち(Koichi Sugiyama)

1931年4月11日 東京生まれ。
幼少の頃より音楽を愛する家庭で育ち、高校在学中より、各種の作品を書き始める。
東京大学を卒業後、文化放送に入社。報道部、芸能部を経て開局1年前にフジテレビに入社し、ディレクターとして「ザ・ヒットパレード」「おとなの漫画」「新春かくし芸大会」など、多くの番組の演出を手がける傍ら、作曲家としての活動を始めた。
1965年にフジテレビを退社、フリーのディレクターとしてフジテレビの番組を演出し、同時に作曲活動も行う。
1968年、ディレクター活動を終え、以後作曲活動に専念する。
「亜麻色の髪の乙女」「花の首飾り」「恋のフーガ」「学生街の喫茶店」など多くのヒット曲、「ハウスバーモントカレー」やロッテの「小梅ちゃん」などのCMシリーズの音楽、東京・中山競馬場で使用されているファンファーレ・マーチ・開門と閉門の音楽、「伝説巨神イデオン」などのアニメ音楽、「ゴジラ対ビオランテ」などの映画音楽、『弦楽のための「舞曲」』などの純音楽と、幅広いジャンルの音楽を手掛けてきた。
現在は、日本を代表する人気ゲームソフト「ドラゴンクエスト」の全作品の音楽を発売以来担当している。
そして、青少年のオーケストラ入門になればと、オーケストラによる交響組曲「ドラゴンクエスト」のコンサートを毎年各地で行っている。
交響組曲「ドラゴンクエスト」のシリーズは、東京都交響楽団、NHK交響楽団そしてロンドン・フィルハーモニー管弦楽団によって録音され、SUGIレーベル/キングレコードから発売されている。
また、1995年9月にはバレエ「ドラゴン・クエスト」がスターダンサーズバレエ団によって初演され、以降96年、97年、99年、01年、02年、04年、09年に再演されておりいずれも好評を博している。

趣味はゲームのコレクション、クラシックカメラのコレクション、読書、食べ歩き。
自身、大のゲームフリークであり、本業が作曲家でもあるので、まさにゲーム音楽は天職だと思っている。

すぎやまこういち オフィシャルリンク

公式HP