森岡典子

KICJ-780

森岡“マレーネ”典子

国際特許事務所勤務のキャリアウーマンからジャズシンガーに転向したという異色の経歴を持つ。
ニックネームに森岡“マレーネ”典子と呼ばれ、往年の大女優マレーネ・ディートリヒを思わせる長身のジャズ・ビューティー。
2014年から大坂昌彦を中心に編成した自身のリーダーユニットで本格的に活動し、全国のジャズクラブだけでなく、プラネタリウムとのコラボ企画や全国のジャズフェス、ホテルでの企業パーティー、ディナーショーなど精力的に活動の場を拡げている。
活動拠点も東京を中心に、横浜、厚木、名古屋、神戸、千葉、栃木、福島、愛媛など全国エリアに規模を拡大中。
趣味は、フランスのヴィンテージ・ワインを飲むこと、絵画鑑賞、映画鑑賞など。

【略歴及び主な実績】(※抜粋)
短大の英文科を卒業後、国内屈指の大手国際特許事務所に就職。外国特許部門にてキャリアを積む傍ら、趣味でジャズ・ヴォーカルを学ぶ。
2005年頃より、プロのジャズ歌手としての活動をスタート。
2010年、ピアノに大徳俊幸氏を迎え、ファースト・アルバム「ソフィスティケイテッド」リリース。
2015年1月11日大坂昌彦プロデュースによるセカンド・アルバム「セパージュ」リリース。
2015年9月台湾のジャズ・クラブ『Swing』で公演し成功を収める。
2015年9月~10月ニューヨークに短期留学。黒人ジャ/ゴスペル歌手、Stephanie Rice氏に師事。更にニューヨークで活躍中のジャズ・シンガー、Alexis Cole氏の直接指導を受ける。
2017年1月、厚木市こども科学館内プラネタリウムにて、ジャズとプラネタリウムのコラボ企画「大人のためのプラネタリウム~スターライトジャズ~」を開催。
2017年6月~7月、ニューヨークに短期音楽留学。グラミー賞ノミネートの実績を持ち、レイ・チャールズとの活動歴のある黒人歌手、Cynthia Scott氏に師事。
また、ハーレムのジャズ・倶楽部にて、デューク・エリントン楽団のメンバーと共演を果たす。
2017年8月、ジャズ専門誌「ジャズジャパン」に、自身のニューヨーク滞在記が特集記事として3ヵ月連続で掲載される。
2017年8月、六本木サテンドールにて「ニューヨーク凱旋ライブ」開催。
2017年9月~サード・アルバムをレコーディング開始

森岡典子オフィシャルリンク

公式HP Twitter Ameba Facebook